プロフィール

メイプル

Author:メイプル
森山直太朗さんの歌と曲、パンづくりと下町と大きな木の傍と海辺が好き。活動的だが「のんびり」した性格。


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


最新記事


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文京区に本店があるマミーズのアップルパイ。
もともとは地元の母親たちが子どもたちのために
焼いていたものだそうですが、そのおいしさは
東京以外にも支店を持つほどに広がったそうです。


マミーズ
(C)マミーズ

大きなりんごがたっぷり入っています。私の周りでは
男性も女性も、大人も子どもも、ここのアップルパイは
「おいしい」と口をそろえて言ってくれます。

アップルパイ以外にもレモンパイ、バナナパイ、
おいもパイなどいろいろな種類があります。

◇ ◇ ◇
手作りパイの店マミーズ本店
住所:東京都文京区西片1-2-2
電話:03-3812-0042
営業時間 AM9:00~PM7:00
定休日 不定休
マクロビ教室実習2日目。カムカム鍋で炊いた赤米で、
いなりずしをつくりました。黒ゴマプリンもとっても
おしかったです。

いなりずし


本日の調理は、いなりずし(雑穀入り玄米)、おすまし、
里芋のとうもろこしのサラダ、ひじきの煮物、長いもの納豆和え、
黒ゴマプディングでした。
先週、マクロビ料理教室で第1回目の調理実習でした。
私にとっても初めてのマクロビ調理です。

画像 045

この日、完成したのは、玄米ごはん、豆腐ステーキ~野菜あんかけ、
ゆで野菜のサラダ、カボチャの種ドレッシング、かぼちゃの種の
ふりかけ、フルーツゼリーです。

グループで分担してつくりました。どれもおいしくてびっくり
しました。圧力なべで炊く玄米のでき具合にも驚きでした。
森山直太朗さんの代表作として知られているのは
『さくら』です。2002年に発表されて大ヒットし、
いまでは、海援隊の『贈る言葉』などと同じく、
卒業式で歌われる日本の歌となったといっても
いいのではないでしょうか。

私はとくに以下のフレーズが好きで、身近にいる
大切な人たちが環境を変えて旅立っていくとき、
いつも心の中でこの言葉を思いだし、願います。

・・・
今なら言えるだろうか
偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う
本当の言葉

・・・

そんな代表作、『さくら』が発表された年に
直太朗さんがインタビューに応えた記事を
最近見つけました。

主見出しは「せきとめていた音楽への思いが、
今あふれ出して」。高校時代までは、友達と
カラオケボックスに行っても、一曲も歌わなかった
というエピソードや、音楽一家の中で自分だけは
普通の就職をしようと考えていたことなどが語られています。

そんな時を経て、音楽を始め、部屋でじっくりと
曲をつくり、歌い始めるようになった。このピアノと
歌だけという『さくら』を歌うことで歌い手として
また新しいステージにたった。真摯に歌と楽曲と
向き合う思いが語られています。

森山直太朗記事

渾身の思いを込めてつくられたものは、歌詞でも
曲でも歌でも、また、別のものであっても人の心に
響くものだと思います。『さくら』はこれからも、
時代や直太朗さんの変化とともに少しずつ輝き方を
変えながら、多くの方の心に刻まれていくんだろうなぁ。

プロフィールの覧でも書きましたが、私は
海や海辺が大好きです。生まれ、育った九州で
海がいつも身近にあったことも影響しているの
かもしれませんし、海辺にいると気持ち良いなぁ
と感じる感覚的、直観的なものなのかもしれません。

生年月日、生まれた時間から人を「水」「木」
「金」など5つに分類する中国の陰陽五行でも
私は「水」だったようです。

本日は、朝から横浜に行き、世界一周旅行を
主催するNGOピースボートの船「オリエンタル号」
に乗船させていただきました。

Peaceboat.jpg

船の中にはエレベーターも、プールも、広い食堂も、
イベントスペースも備わっています。ここから世界
各地の海を見ながら、旅行できたら幸せだろうなぁ
と想像するだけで、楽しい気持ちになりました。

船のプールには、船が進行しているその時々の海から
汲みあげた海水で泳げるそうです。素敵ですね。

本日はせっかく横浜まで行ったので、午後からは
みなと未来や関内など、海辺の街を満喫してきました。
本日、銀座のヤマハホールで開かれたギタリスト、石川鷹彦さんの
コンサートに直太朗さんがゲスト出演されました。

石川さんは、さだまさしさんのバックで長年演奏をされている方で、
直太朗さんとはシングルCD『花鳥風月』から、編曲などで一緒に
音楽活動をされているそうです。良子お母さんとも親しいようで、
直太朗さんが小さい時から知っているというような話もされて
いました。

今回、私はなんと、前から3列目!という素晴らしい席で
楽しむことができました。

第1部は、石川さんのソロ演奏。石川さんのコンサートは初めて
ですが、直太朗さんのようにお話がおもしろく、ギターがうまく、
素敵な方でした。「直太朗さんの出番はまだかな…」と気には
なりながらも、とても楽しい時間を持てました。

そして第2部はいよいよ直太朗さんの登場。楽屋からステージは
映像で見えるそうですが、音声はあまり聞こえず、第1部で石川
さんトークで会場に笑いが幾度も起きているのを「何の話で笑って
いるんだろう」と気になっていたそうです。

花鳥風月』、『結婚しようようよ』『友達だと思っていたのに』
などなど、最新の曲を次々と披露してくれました。歌も演奏も
素晴らしかったのですが、お二人の親子のような、漫才コンビの
ようなかけあいもとてもおもしろかったです。

音楽感性があう方とは笑いの感性もあうのかな、など考えながら
一緒に楽しみました。

ヤマハホールは会場が小さかったこともあり、音が非常によく
響きました。そんなこともあり、最後に、石川さんからの提案で
直太朗さんはマイクなしで『生きていることが辛いなら』を歌って
くれました。

こんなすごい展開は想像もしていなかったので、本当に感激の
1日でした。
先日、池袋の東武百貨店で、なつかしのバームクーヘンを
見つけました。和菓子の老舗たねやがグループ会社で展開する、
CLUB HARRIE。ここのバームクーヘンはとってもおいしくて、
以前、出張先の名古屋から新幹線に乗って近江まで食べに
行ったことがあります。


ハリエ
(C)CLUB HARRIE


たねやの本店がある近江近隣での展開かと思っていましたら、
池袋と日本橋の三越にもバームクーヘン専門店のB-studio Tokyo
として出店していたようです。

砂糖や乳製品も使っているので、マクロビ生活には
マッチしないのですが、懐かしのあの味に再会できて
感激でした。日本橋三越では、店内でも食べられ、
1テーブルだけバームクーヘンの形をしたものが
あるそうです。

日本橋に行く機会があったら、ぜひ寄ってみようと
思います。

花菖蒲

先月になりますが、明治神宮に花菖蒲を見に
行ってきました。とってもきれいだったので、
そのときの写真をアップしてみます。


神宮

菖蒲園をゆっくり歩きながら、初夏を楽しみました。




神宮3
神宮内の新緑もとてもきれいですね。
神社の生い茂る緑と、その隙間から光が入ってくる
瞬間は何とも言えない美しさ。


神宮2
せっかく明治神宮に行ったので、話題のパワースポット
清正井(きよまさのいど)も見てきました。こんなに
水がきれいとは驚きました。


エネルギーをチャージした一日となりました。
今度は違う季節にも行ってみようと思います。

直太朗さんのファンクラブツアー「ロックンロール・ホスピタル」が恵比寿の
The Garden Hallで開催されました。こちらはファンクラブ会員を対象にした
小規模なコンサートで、今年は6月上旬から約1か月かけて全国12か所を
回られていました。本日は、その最終公演でした。

私は6月に続き、2回目の参加でした。

ライブは、通常のコンサートとは異なり、直太朗さんと、ギタリスト西海さん
の2人のみでステージに。客席との距離も近く、ほんとうに直太朗さんの
歌とトークを身近で大満喫できる機会です。

演奏は、昨年12月に発表されたアルバム「レア・トラックスvol.1
中心で、加えて未発表曲の披露もたくさんありました。

「ライブに行って知らない曲があると、『知らないなー』とつまらなく
思うことありますよね。僕もそうなんですが、でも、やっぱり今日は
最後まで知らない曲をやります!(笑)」と直太朗さん。

たしかに未発表曲も多いので知らない曲も多かったのですが、どれも
素敵な曲なかりで、「こんなよい曲があるなら、(水面下に置いておかないで)
アルバムやシングルで発表してもらいたいなあ」と感じるほどでした。

中でも、今年3月11日の東日本大震災の日の深夜、御徒町さんが、
直太朗さんの携帯に詩をメールしてきたという「『いま僕にできること』」。
日本人にとって決して忘れることのできない大惨事と、それぞれの心に
芽生えた新たな思い。それが御徒町さんや直太朗さんにとってはどういうもの
だったのか、いまどういう思いを持っていらっしゃるのか伝わってくるような曲でした。

『今ぼくにできること』

今ぼくにできること
それは祈ること
それは眠ること
それは見つめること
それは羽ばたくこと

今ぼくにできること
それは歌うこと
それは耐えること
それは励ますこと
それは励むこと

今ぼくにできること
それは悲しむこと
それは躊躇うこと
それは背けること
それは償うこと


・・・

これは、まだ今時点では未発表曲ですが、2011年の直太朗さんと
御徒町さんの思いを表現する、貴重な一曲となることと思います。

             fcツアーチケット
米国人ジャーナリスト、Tさんが来日されたので、
一緒にスペイン料理エルチャティオの銀座店でランチをしてきました。


パエリア
(C)エルチャティオ


前菜(サラダ)、お魚、パエリア、デザートとついて
1人1600円。クーポンを持っていたので、サングリア
までサービスしていただきました。ここはカジュアルな
スペイン料理で、お手頃価格で、気楽に楽しめます。

Tさんは、米国メディアの元アジア特派員で、日本、中国、
フィリピンなどのニュースをカバーしてこられたベテラン記者。
現在は、米国の大学院でジャーナリズムを教えています。

私は2年前、Tさんの主催するプロジェクト準備で知り
合いました。結局、都合がつかずに彼のプロジェクト本番には
協力できなかったのですが、どこか気持ちが通じる部分が
あったのか、以後も交流が続き、来日する際は声をかけて
いただいています。

今回は別のメディアの方もお誘いし、一緒にはずむ話と、
おいしいお食事で、楽しい時間を持ちました。
Tさんとは来年、また再会できる「かも」しれないようです。


◇ ◇ ◇
スペイン料理 エルチャテオ 銀座店
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-2-12 全研ビル1・2F
電話:03-3535-7033
ランチ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:00)
土・日・祝 11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー 月~土 17:00~23:00(L.O.22:00)
日・祝 16:30~22:00(L.O.21:00)
年中無休


エルチャティオの姉妹店で、びいどろ渋谷店もお勧めです。
店内も比較的ゆったりしており、こちらもカジュアルな雰囲気で
スペイン料理を楽しめます。
7月からマクロビオティックの料理教室に
通うことになりました。

ずっと以前に、マクロビオティックを世界に広めている
久司道夫さんの対談記事を読んで興味を持っていた
のですが、いま、やっと時間ができたのでこのタイミングで
スタートしてみることにしました。

マクロビオティックは、玄米主食を推奨し、良質な野菜を
多く食べ、一方で肉や魚や動物性食品(卵や牛乳)の接種を
控えるように勧めています。そうすることで、体調もよくなり、
性格も穏やかになっていったという報告がたくさん
寄せられているそうです。

お肉も魚も乳製品も大好きでしたが、最近「食と健康」
「食と人の生き方や性格」などを考える中で、この
マクロビオティックの教えや事例には共感することが
多々あり、挑戦してみることにしました。

なんとなく、できそう、楽しめそうな気がしています。
新しい生活が始まります。

そんなマクロビ生活や、身の回りの大好きなことを
このブログで綴っていきたいと思います。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。