プロフィール

メイプル

Author:メイプル
森山直太朗さんの歌と曲、パンづくりと下町と大きな木の傍と海辺が好き。活動的だが「のんびり」した性格。


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


最新記事


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のお買いもので、近所の自然食品店に
行ったところ、巨大な「三浦だいこん」が並んで
いました。1本380円。年末年始にこんなに
たくさん大根を食べるかな、と思いつつもとても
おいそうだったので買ってきました。

三浦大根

そして、夜はこの大根に、サトイモ、人参、
豆腐、ごぼうを足して「けんちん汁」にしました。

けんちん汁

三浦だいこん、とっても瑞々しくておいしかったです。
明日のおせちでは「なます」として再登場します。
お正月料理などに向けて自宅のキッチンが
少しごったがえしているので、お昼はちょっと
休憩して、東大・本郷キャンパス前の韓国料理店
とうがらし」に行ってきました。

お店はとてもきれいという訳ではないのですが、
韓国の方の経営で、本格派韓国料理です。
体全身が温まりました。

豆腐チゲ定食が700円。お値段もリーズナブルで、
味もとってもおいしかったです。
また行こうと思います。

豆腐ちげ

◇ ◇ ◇
とうがらし
住所:東京都文京区本郷6-18-9ペガサスビル
本日は、鴻上尚史さんが主宰する劇団・第三ステージ
の公演「深呼吸する惑星」を見に、神奈川芸術劇場
まで行ってきました。

この公演は、第三ステージの2001年からの10年間の
封印期間を経て、封印解除、そして解散公演となる
ものでした。東京公演は残念ながらチケットが取れ
なかったのですが、追加公演の神奈川でついに、
見に行けることになりました。
主演は、筧利夫さんです。

呼吸する惑星

お葬式の参列を終えた中年男女が言葉を交わす場面
から始まる舞台。続いて地球外・惑星でのシーンに
移っていきます。人生の「深み」と自分と他者への
「許し」が伝わってくる舞台でした。

観劇を終えて、舞台のプロモーションポスターと
チラシで、以下の言葉を目にしました。舞台、鴻上
さんの思いが濃縮されたようなメッセージだなぁと
感じました。

生きていくことは、
後悔と溜め息を重ねていくこと。
それでも、生きていくことを、
自分からは辞めてはいけない。
そして、彼は、
誰も味方になってくれなくても、
戦いを続けていく。


10年前だったら、私はこのメッセージの「後悔」
や「ため息」の意味がわからなかったかもしれません。
でも、いまは、鴻上さんのこの言葉の意味がなんとなく
わかる。そして、後悔やため息の動線にある、生きて
いくことの「おもしろさ」や「感謝」の気持ちも
以前よりもわかる。そんな気がします。

第三舞台

観劇者は、鴻上さんの手書き文章のコピーも
配られました。ここには、人と言葉を交わしながらも、
実は話しているふりをしていることもある。
一方、亡くなった人であっても、その人の言葉が
事あるごとに励ましてくれたり、「こんなとき
あの人ならどういうだろう」と自分の心の中で
生き続け声を聞くこともある。鴻上さんと筑紫
哲也さんとの関係エピソードを交えながら、
そんなメッセージが書かれています。

言葉を発信する仕事をされる、鴻上さんの
「言葉」にいつも温かみや励ましをいただきます。
そして、鴻上さんの言葉によって、自分がいままで
家族や大切な人たちからもらってきた「言葉」
の重みを再認識する機会ともなりました。

素敵な時間をありがとうございました。

こちらの舞台、来年1月15日の福岡での最終公演が
全国の劇場で生中継されるようです。
マクロビ生活を始めてから、ひじき、あらめ、きんぴら、
切干大根などをよく作るようになりました。マクロビ調理
では、これらの調理によく使うみりんは陰性で「体を冷やす」
影響があるためにあまり薦められていません。基本、醤油や
塩で調理をするのですが、調理方法や材料で「どうおいしい
味をだすか」試行錯誤をしてきました。

そしてきょう、ついに、オーサワジャパンの長ひじき
使って、大満足の味のひじきができあがりました。

本日の材料は、 長ひじき、有機のニンジンと玉ねぎ、
厚揚げ、シイタケ、醤油、ごま油です。野菜に火を通
した後に、厚揚げ、水で戻したひじき、水を入れて
時間をかけて煮込んでいきました。

良い食材を使うこと、少し多めに醤油を入れたこと、
いろいろな理由が考えられますが、おいしい味がでる
ようになり、とてもうれしいです。
本日はクリスマスパーティ料理をマクロビで
つくりました。お肉や乳性品を使わなくても
華やかに、おいしく出来上がりました!

こちらは、玄米のサフランピラフです。マッシュ
ルームや野菜をたっぷり入れています。
玄米パエリア

こちらは、ひよこ豆の白ワインクリーム煮込み。
ワインを入れると、味に深みや濃くが増し、
パーティ料理には良い感じです。
ひよこ豆スープ

こちらは、蒸しカボチャのカッシュナッツクリームと
野菜のパーニャカウダ。カボチャは、蒸す前に20分
くらい塩水に浸して、色が変色しないようにしました。
温野菜は、野菜そのものの味がおいしくでています。
野菜たっぷり2

こちらは「お肉」風ですが、大豆グルテンの揚げ物
です。食感がお肉のようです。サルサソースをつけています。
あげもの

そしてそして、デザートには、ココナッツと小豆の
フルーツパンチと
フルーツポンチ

クリスマスケーキです。ケーキのクリームはやはり
豆腐でつくっています。生クリームとは異なる味ですが、
豆腐クリームは豆腐クリームで優しい甘さがあります。

昨日、「かわいい」と思った苺のサンタさん、本日は自分で
つくれました。苺とクリームとゴマでつくっています。
ケーキ
本日は、マクロビ教室Basic Ⅱの最終講義日。
今年7月にBasic Ⅰから始め、10月からBasic Ⅱに
移り、振り返ってみるとマクロビ生活も6か月
目に入りました。

今年6月までは普通にお肉もお魚も食べていたのに、
7月以降「肉、魚、牛乳など動物性食品の摂取を
控える」マクロビ生活に自然と、無理なく移行し、
続けられているのは、自分でも驚きでもあります
し、納得できることでもあります。

マクロビ生活をはじめて本当に心身の調子も
よくなり、体重も自然に-5キロと減り身体が引き
締まりました。良いこともたくさん起きるように
なりました。

最初は料理教室を探す過程で、マクロビ料理を
思いだして選んだのですが、大きく心身、生活の
「変化」が起きる結果となりました。マクロビを
始めて本当に良かったです。

本日は講義終了後に、立派な修了書と温かい
言葉もいただき、うれしい気持ちになりました。

その流れで、きょうはクラス終了後にクラスメートの
みなさまとマクロビ・クリスマスランチに。マクロビ
のことやお料理のことなど、たくさんお話できて
とても楽しかったです。

マクロビクリスマス

マクロビケーキもとってもおしかったです。
苺とクリームでつくったサンタさんもとっても
かわいいですね。

サンタケーキ

3連休1日目、本日はマクロビ・クリスマススイーツを
つくりました。

マクロビスイーツ2

左上から、苺ムースケーキ、きな粉スチーム
ケーキ、チャイクッキー、タルトタタン風
ケーキです。いずれも牛乳、卵など動物性
食品やグラニュー糖は使わずに完成しました。

上記の写真は、盛り付け後ですが、調理過程でも
写真を撮りましたので、うれしさ余って以下で
ご紹介します。

イチゴムース
苺ムースは、スポンジケーキの上に、
ムース、ピューレをのせていきます。
ムースには、豆腐を使っています。


きなこケーキ
きな粉スチームケーキは、オーブンではなく、
蒸し器でつくりあげました。

クッキー
チャイクッキーは、豆乳を使ってつくりました。
模様を描いたのは、チョコレートではなく、
チョコの代替として使われるマメ科の「キャロブ
チップ」です。チョコのような甘さがあります。

タタン
タルトタタン風ケーキは、クッキーを下地に、
リンゴのフィリング、アプリコットのグレイズ
ゼリーでつくりました。

本日の東京はとっても寒い一日でしたが、
楽しいスイーツ作りで、体も心もぽかぽかしました。
本日、我が家にデロンギのオーブンが届きました!
こちらの到着が楽しみで、きょうは大急ぎで帰宅
しました。

デロンギ

マクロビの料理教室に通う中で、昔、好きだった
スイーツづくりのことを思いだし、またいろいろ
つくってみたいという気持ちになりました。
これから、このオーブンを活用して、牛乳、卵、
白砂糖を使わないケーキやマフィンなどマクロビ
スイーツ&根菜グラタンなどマクロビごはんも
つくっていこうと思います。

実はこちらは新古品で、姉から譲り受けたもの
です。オーブンが欲しくて探していたのですが、
今月は出費が多かったことや電子レンジはマクロビ
で利用を控えるように推奨されている(のでレンジ
併設でないものを探している)こともあり、なかなか
踏ん切りがつきませんでした。なんとなく姉が良き
相談相手になってくれそうな気がして連絡してみた
ところ、このオーブンの存在を教えてもらいました。

こんなオーブンが未使用のまま眠っていることは
知らなかったので、なんとなくの感覚に沿って
相談してみて良かったです。

このオーブンは、今週末にもデビュー予定です。
スイーツが出来上がったら、まずお礼に姉の子ども
たちのおやつに届けようと思います。
待っててね~。
京都出身の子から、北野天満宮の大福(おおふく)梅を
プレゼントしていただきました。

         大福梅

梅の名所である天満宮の境内の梅でつくられたもので、
新年にお湯に入れて飲むと疫病邪気を追い払い、
長寿幸福を得られると言われているそうです。

関西の文化にはあまりなじみがなかったのですが、
こういう縁起物をいただき、とてもうれしい気持ちに
なりました。1月1日を迎えるのも楽しみです。
ありがとう!

本日はオフィスの避難訓練でした。昨年はやったかな?
とちょっと記憶になかったのですが、今年は震災直後、
ヘルメットも避難袋も配備され、参加者も気合が入って
いました。

オフィスから建物外に避難後、消防署の方から避難時の
注意事項など説明を受けました。建物には日本人以外の
スタッフも多いため、英語のみや英語通訳付きでの説明
など初めての英語での避難訓練でした。

緊急時にはきっとボディーランゲジーでも通じる部分も
多々あると思うのですが、日本人や日本語がわからない
外国人スタッフが緊急時に一緒にどのように対応するか
というようなことも訓練でき、貴重な体験でした。

本日はずっと練習してみたいと思っていた、消火器の
放射も体験させていただきました。大勢参加者がいる中で、
私はたまたま前の方にいたので手をあげてチャンスが
巡ってきました。やはり、一度体験してみるととても
よく分かります。勉強になりました。

春に個人で消防署で訓練を受けた心肺蘇生やAEDの
使い方も、本日訓練があり、よい復習になりました。

災害が何も起こらない日々を祈るばかりですが、
緊急時に対応できるように定期的にトレーニングして
いこうと思います。
クリスマスに向け、卵や牛乳を使わない植物性
素材のみでできた「シュトーレン」を買いました。

シュトーレン

シュトーレンはドイツの伝統的な焼き菓子で、
酵母の生地にドライフルーツや有機ナッツが
たっぷり入っています。マクロビシュトーレンは
砂糖は使っていないのですが、てんさい糖や
ブランデーやシナモンなどで、甘みや香ばしさ
がでています。

今週はこちらを少しずつスライスしながら、
クリスマスのカウントダウンをしようと思います。
本日は、吉祥寺のカフェ八十八夜で留学時代の懐かしの
友人たちと再会。個人的にはちょこちょこ会ってもいたの
ですが、6人も一堂に会すのは4年ぶりで話に花を咲かせて
きました☆彡かつて楽しい時間を共に過ごした友達と、また
時を経て、場所を変え、一緒に「楽しい時間」を持てるという
のは幸せなことです。

通常はこの位の人数で日程を合わせようとすると、都合が
悪い人もいたりして、なかなか調整は難しいのですが、
今回は会いたかった方がみんな大丈夫!という絶妙な
タイミングでした。

マクロビを始めてから、こんな「タイミングが合う」と
いうことが、幾度もあるので不思議です。

そして(私がマクロビをしていることを知らない)友達が
セレクトしてくれた八十八夜も「からだにやさしいごはんと
おのみもの」をコンセプトにしているお店。野菜もしっかり
食べられるカレーランチプレートをいただきました。

日光がよく入る明るいカフェでとてもここち良い空間でした。

野菜カレー

デザートはあんみつに。スプーンの横には小さな金平糖が
3つ並べられていて、こんな素敵な心配りには感激します。

みつまめ

また次の再会を楽しみに、明日からも仕事や日々の
ことがんばろうと思います。
本日は楽しみにしていたパエリアをつくりました。
とても難しいのではと思っていたのですが、調理方法を
教わりながら、それにきちんと準じて調理してみると
見た目もきれいで、味もとてもおいしくできあがりました。

パエリア

きょうは玄米ではなく、三分づきのお米を使いました。
イカとアサリのシーフードも入っています。


お料理
本日の調理は、シーフードパエリア、かぶのポタージュ、
グリル野菜~バルサミコソース、梅酒ラディッシュ

豆腐チーズケーキ
そしてデザートには、豆腐チーズケーキ~ブルー
ベリーソース。豆腐チーズケーキはマクロビスイーツ
としてよく登場するのですが、チーズを使わずに、
豆腐と山芋などで生地をつくります。

でも豆腐の味や山芋の味がするわけではなく、
米飴やメイプルシロップも入れるので、甘い
スイーツになるので不思議です。
直太朗さんの2011年コンサートツアー「乗り遅れた
電車を見送るペンギンよ」、東京での最後の公演が
本日、中野サンプラザで終了しました。ツアーその
ものも、東北2県を回られたら終了です。

今年最後と思うと、楽しみだったライブも、その日が
来ると少し寂しくもありました。でも、会場に行くと
やはりとっても楽しい時間を過ごせました。

前回のファンクラブ通信のときにも感じましたが、
直太朗さんの「芸人化」はアップし、本日はYMCA
ダンスから、ペンギンのものまね、「コロッケさんが
する野口五郎さんのものまね」のものまね(そのもの
を見たことが無いので似ているかどうなかわからない
のですが、直太朗さんは必死だったから似ているんだと
思います)…ライブでも次々と披露されていました。

急に(金八?)先生のような口調になったり、女子
言葉になったり、もぐろふくぞうさんになったり
2時間半の間にキャラもどんどん変わっていきました。

天然キャラに加えて、義理のお兄さんとの会話で
磨かれていくんでしょうか。本当にキラキラ輝く
魅力的な方だなぁと歌を楽しみながら、その炸裂
したパフォーマンスにも笑ってきました。

そして、そんな笑いの中にも、「さよならは未来に
つながるためにある」なんて素敵な言葉もトークの
中に散りばめられるのも、直太朗さん&御徒町さん
の魅力だなぁと思います。

東北での残りのライブを無事に終えて、元気に東京に
戻ってきていただきたいと思います。本当に素敵な
時間をありがとうございました。

     naotaro2.jpg
ライブ後には演奏曲の一覧が飾られていました。
未発表の「青い朝」、「いまぼくにできること」も
ぜひ、シングルかアルバムにしていただきたい
素敵な曲でした。
麻布十番商店街にある豆菓子店「豆源」。店頭には100
種類以上ものお豆や豆スイーツが並べられ、選ぶのも
楽しく、味もおいしく、大好きです。おかきをつくる様子も
店頭で実際に見ることができます。1865年創業の老舗です。

mameya.jpg

昨日、久しぶりに麻布十番に行ったので、おみやげに
買ってきました。今回は「さくら」と「黒胡椒」。原材料も
ほとんどがお米なので、マクロビ生活でも安心して
食べられます。楽しみです。

◇ ◇ ◇
豆源・麻布十番本店
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番1-8-12
電話:03-3583-0962

12月は季節がらもあり、ディナーや忘年会など、
夜の出事が続いています。お家ごはんやお家で
ぼーっとする時間がゆっくり持てないのは残念
なのですが、大好きな方たちと、積もる話を
ワイワイするのもとっても楽しいものです。

本日は、麻布十番のシンガポール料理屋さんに。
シンガポールは大好きな友達が住んでいて2回、
遊びにいったことがあるのですが、「シンガポール
料理」と意識していただくのは初めてのような。
「チキンライス」などお肉を使った食品も出て
きたので、きょうは「プチマクロビ」に切り替え、
一緒に楽しみました。

午後7時~お食事を始めたのに、あれもこれもと
楽しくお話しているうちに気がつくと午後11時の
閉店時間に。時の経つのを忘れてしまうくらい、
楽しく話せる「仲間」というのはいいなぁと改めて
感じました。

そして、きょうはもう一つ。ご一緒したOさんに、
イチゴのチョコをいただいてしまいました。
思わぬプレゼント、とてもうれしかったです。
ありがとう。

      choco.jpg

◇ ◇ ◇
海南鶏飯食堂・麻布店
住所:東京都港区六本木6-11-16 中銀マンション裏手
電話:03-5474-3200
家の近くのオーガニック食品店のオーナーさんが、
奄美大島ご出身ということで、毎年、この時期に
奄美の「黒糖」を仕入れてくれます。今年も店頭に
並んでいるのを発見し、さっそく購入しました。
とってもおいしいのです。

黒砂糖

製造元は、奄美大島にある水間黒糖工場で、
毎年11月から翌6月までの期間限定で黒糖製造
をしているようです。

さとうきび100%。ミネラルやビタミンも含まれて
おり、飴代わりのちょっとしたおやつにも最適です。

が…、実はマクロビの陰と陽の考え方では、黒糖も、
砂糖同様に「陰性」が強いために摂取を控える
ように勧められていることを帰宅後に思い出しました。

沖縄など温かい地方で栽培されるサトウキビなどは、
「体を冷やす」効果があり、北海道など寒い地方で
取れるてんさい糖は、「体を温める」効果があります。

また、単糖類、多糖類の違いからも、マクロビでは、
てんさい糖の摂取が薦められています(過度の単糖類
摂取は低血糖症などの要因になるとも言われています)。

毎年恒例のおいしい一品を見つけたうれしさで
すぐに買ってしまいましたが、こちらはどうするか、
少々考え中です。
本日の調理は、ポトフ、フムス(ひよこ豆のディップ)のピタサンド、
スペイン風青菜炒め、海苔の佃煮、シリアルバーでした。寒くなって
きたので、ポトフはこれからの季節とっても良さそうです。

    potofu.jpg

マクロビでは寒い時期には火にじっくりかけて調理をし、
暑い時期には逆に火をかける時間を短くするように勧めて
います。火にじっくりかかった料理は、体をしっかり温めて
くれます。

食材選びだけでなく、調理方法を通してもマクロビの効果、
良さを感じる今日この頃です。

表参道でもイルミネーションが始まりました。

表参道

表参道ヒルズの中では、ディズニーとコラボ
レーションしたツリーが輝いています。

ツリー2

30分おきに光のショーも行われ、とてもきれいです。

ツリー

ヒルズ入口には馬車も。本日は小雨模様だったせいか
人通りも少なく、ゆっくり楽しめました。この馬車の
中に入って写真もOKだそうで、私たちも写真を撮って
きました♪

馬車
よく「女子会をしようね」と周囲の大好きな女友達に
言うのですが、きょうは実は初めて本格的な「女子会」
をしました。参加者は5人。

私が幹事だったので、場所は、表参道ヒルズの前から
気になっていたレストラン「やさい屋めい」にしました。

契約農家から、毎朝、採れたての野菜が直送されて
くるそうで、前菜からデザートまで、野菜やフルーツ
大満喫のお食事&楽しいお話タイムでした。

前菜はこちらのかぼちゃ豆腐。かぼちゃが強すぎる
ことも豆腐が強すぎることもなく、バランスのとれた
美味でした。

カボチャ豆腐

続いて、野菜のスティックでは、生野菜とディップの
おいしさにほれぼれしました。野菜がとてもおいしい
と感じられる最近の日々に、幸せを感じています。

   野菜

メーンは野菜の懐石料理。デコレーションも素敵で
またまた感激です。きれいな盛り付けのおいしい
お料理をたくさんの種類少しずつ食べられるという
のも幸せです。

野菜懐石

野菜のたきこみご飯やおみそ汁もいただいて、
最後はケーキが登場しました。イチゴがとっても
みずみずしくて甘くて驚きました。

 デザート


今年も濃密な一年だったので、たまのぜいたくも
よいかなと華やかな場所で、楽しい時間を持てました。
来年もぜひ「女子会」したいと思います。

ランチに連れて行っていただいた上司に、マクロビの話を
したところ、上司のご友人の方が抗生物質も飲めないほど
進んでいたがんをマクロビで克服されたという体験談を
聞かせていただきました。

私が通っているマクロビ教室の先生と同じ方につかれて
いたようで、話を聞くうちに、私も以前、その方のがん克服
事例が紹介されたDVDを教室で見たことがあるのを思い出しました。

「末期がんまで治る」のは、ごく一部のサクセスストーリー
では、なんてDVDを見た際は少し思ったりもしていましたが、
上司のご友人だったと伺い、マクロビでの医学的効果は
「遠いところ」での出来事ではなく、「身近に起こり得る」
出来事と改めて認識しました。

その方は、がん発見後、薬や化学療法での治療もできないほど
体力が落ち、(周囲の方も厳しいのではないかと思われていた中)
薬の代替でマクロビを始められ、元気になられたそうです。
10年以上たったいまもお元気で、お仕事をされているようです。

マクロビ生活、これからも細く長く続けていこうと気持ち新た
にしました。
素敵な言葉と絵を描かれるひろはかかずとしさん
お話会に参加してきました。私は長年、ひろはまさんの
作品の大ファンです。これまでに何度も温かみのある言葉
から元気をもらってきましたし、口に出してうまくいえない
思いをひろはまさんの本を通して、周囲の大好きな人たちに
伝えたこともあります。

お話を聞くつもりで参加していたのですが、冒頭に
ひろはまさんのご友人で、最近、宝塚を退団された
優雅さん(研ルイスさん)が登場され歌を披露されました。
ひろはまさん作詞曲とAmazing Grace。このような機会は
想像もしていなかったので、びっくりしましたが、とても
きれいな歌声で素敵でした。

ひろはまさんのお話では、「目に見えるものばかりに
こだわっていては大変なことになる」と、今という時間、
自分という魂、ここという自分のいる場所の大切さを聴き
ました。また、「心根の優しさ」と「心根の強さ」という
言葉を使われたのも印象に残りました。

ひろはまさんは人や社会や自分に愛情をたっぷりもって
いらっしゃるからあのような温かい作品を描かれるんだなぁ
ということも改めて感じました。最近は東北ボランティア
活動にも大変熱心に動かれているそうです。

お話会の最後に、参加者の前でひろはまさんが
作品を描かれました。

ひろはまさん2

そして、とてもうれしいことに、2012年の私の手帳に、
ひろはまさんの言葉と天使の絵を描いていただきました。
2012年を迎えるのが更に楽しみになりました。

    ひろはまさん

本日は、玄米を使ってマクロビ太巻き寿司をつくりました。
巻きずしの具はお魚や卵の代わりに、お野菜、たくあん、
ごま豆腐(マグロの食感!)などにし、ぐるぐるとまいて
いきました。

実は太巻き寿司を自分ででつくるのは初めてで、ぎこちない
形になってしまいましたが、巻き方のhow toはよくわかり、
味もおいしく出来上がりました。
  
    お寿司


本日の調理は、玄米太巻き寿司、切干大根の煮物、野菜鍋
野菜の水炒め、プルーンと甘栗入り黒豆でした。

太巻き寿司は不格好ですが、自分でつくれたというのは
やはりうれしいものです。うれしさから、夜に一緒に食事を
したNZから日本に留学中の友達たちに、次回のホーム
パーティに「巻き寿司を持って行くよ」と早くも豪語して
しまいました…。その日までにもう何回か、自宅で練習して、
きれいな太巻き寿司を持って行けるようにがんばろう。
昨年の秋に表参道にオープンした、英国系のオーガニック
カフェ&デリの「デイルズフォード」。高級そうで今まで外から
眺めるのみだったのですが、思い切って中に入ってみたところ…
オーガニックにこだわったデリ、食品がたくさんならんでいました。

ランチボックスは、ベジミートカレー+お惣菜2種類
(雨の日は3種類)で800円と、オーガニック食材にしては
お手頃な価格だったので安心しました。

ベジミートカレー
ランチボックス


マフィン
デザートのマフィン


オーガニック(有機)野菜を食べ始めてから、野菜の
おいしさに目覚め、少しお値段が高くても極力、有機
野菜を食べて行きたいなぁと思っています。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。