プロフィール

メイプル

Author:メイプル
森山直太朗さんの歌と曲、パンづくりと下町と大きな木の傍と海辺が好き。活動的だが「のんびり」した性格。


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


最新記事


リンク


4月から始まる、直太朗さんの春からのコンサートツアー
洪積世ボーイ」のチケットをファンクラブ優先予約で、
購入しました。中野サンプラザではかなり前の席が
とれたので、今からとても楽しみです。

直太朗さんのツアータイトルは、2011年は「乗り遅れた
電車を見送るペンギンよ」、2010年は「真っ白な鳩を
九十九羽飼っていて
」などなど、毎回、印象に残る
フレーズです。今年はどんなのだろう、と思っていたら、
「洪積世」という言葉がでてきたので、さすがだなぁと
また新鮮な驚きでした。この言葉を辞書で見てみると、

「地質時代の区分の一。新生代第四紀の大部分で、
170万年前から1万年前まで。氷期と間氷期を繰り返した
氷河時代で、人類の歴史では旧石器時代にあたる」と。

もしかしたら学校のなにかの授業で教わったかもしれま
せんが、すっかり忘れていました。でも、「洪積世ボーイ」
のライブにいったら、この言葉、一生忘れないだろうなぁ。

4月からのライブ、とても楽しみです。

直太朗
買ったばかりのつづらえつこさんの「マクロビオティックで
つくる和菓子」の本を見ながら、どら焼きをつくってみました。

どらやき替

初めてのどら焼き作り。形はきれいな丸ではありませんが、
味は二重丸。昨日(豆の浸水からはじめて)2日がかりで
つくりあげました。もちろん牛乳、卵など乳製品は使わず、
マクロビ仕様です。

マクロビ仕様のお菓子は、なかなか普通のスーパーでは
購入できないうえ、仮にあったとしてもお値段が高めなので、
これからは自分でどんどん作っていこうと思います。お料理
練習中の身ですが、どら焼きがおいしくつくれてちょっとだけ
自信がつきました。
本日は終日、マクロビ教室に行ってきました。
午前中の調理は、おはぎ、たたき長芋と梅のおすまし、
おからの春巻き、春雨サラダ、ふろふき大根、
こんにゃくの味噌漬け。今回もたくさんの調理を
学び、楽しく料理をしてきました。

マクロビ料理は、お肉やお魚や動物性食品は使って
いないのですが、本当に毎回おいしくできあがるので、
驚きです。家の食卓も最近はほぼマクロビレシピです。

photo.jpg

午後からはマクロビと健康(と病気)について、先生、
クラスメートのみなさんと話し合いました。仮に体調を
崩してもマクロビ料理の材料や調理方法で調整をしていく
こともできます。もちろん病気にならないように予防医学
としても役立ちます。私もそうですし、周囲にもマクロビ
食生活で体調が良くなった方がたくさんいらっしゃるので、
身をもってその効果を痛感しています。

ターム3では、マクロビ健康学についてまだまだ知識を
深めていけるので、とても楽しみです。
東京ドームで開催されている東京国際キルトフェスティバル
に行ってきました。キルトは「キルトに綴る愛」という映画を
観て以来、長年、憧れ続けています。長い時間かけてする
作業なので、「自分でつくってみよう」という状況には至って
いないのですが、「いつか、もし時間がゆっくりできたら、やって
みたいなぁ」と思い続けています。

会場には色鮮やかなキルトが飾られ、どれも本当に素敵でした。
そして、どのキルトからも一針一針思いを込めて縫われている
のが、伝わってきます。

キルト1

ベトナムの民族衣装アオザイをモチーフにしたものもあり、
キルト2

近くでみると一つひとつ異なる絵柄で、こんな細かい作業が
できるとは!と感激です。
キルト3

かわいい天使たちの絵柄や
キルト4

不思議の国のアリスをモチーフにしたものや
キルト5

百人一首など。キルトを見ながら、絵本や文化の旅行を
しているような気持ちになりました。
百人一首

美しいものを見ると、気持ちも豊かになっていく
ような気がします。

そして、話は飛んで夜は、友人カップルお勧め、下北沢の
タイスキ居酒屋チャオプラヤへ。ここでみんなで楽しい&
おいしい時間を持て、本日も楽しい形容詞がならぶ(きれい、
おいしい、楽しい…)一日となりました。
夜に急にお菓子づくりがしたくなり、マクロビ・レシピで
オートミールクッキーをつくってみました。

クッキー (1)

きょうは帰宅&夕食が遅かった上、このクッキーは生地を
冷蔵庫で1時間寝かせる必要があるため、完成したのは
夜0時近く。こんな時間にスイーツづくりをするのは、
久しぶりですが、とても楽しい時間を持てました。

台所ではクッキーの香りが充満して、夜中0時近くに
こんなことなるとは不思議な気持ちです。休日の日中
などでしたら、そのままコーヒーをいれて試食したく
なります。しかし、明日も仕事なのできょうは睡眠して、
明日のおやつに持っていこうと思います。

お菓子はつくる楽しみ、見る楽しみ、食べる楽しみ、あげる
楽しみ、感想を聞く楽しみ…。たくさんの楽しみがあります。
昨年春から毎週1回、通っていた翻訳教室のコースⅠが
修了しました。きょうは懇親会もかねて先生、同級生の
みなさまとお食事に行ってきました♪

翻訳教室は、英文を毎週3問ずつ日本語に訳していきます。
コースⅠで計100問を終えました。英文を読んでなんとなく
わかっているようなつもりでも、いざ日本語に置き換えて
活字にし始めると、なかなか難しいことに気が付きます。

毎週頭を悩ませながら翻訳し、授業の解説では「目から
うろこが落ちるような」学びがあります。最近、英語を見ると訳
が自然と浮かびあがるようなことも出てきました。驚きです。

なんとなく「良さそう」と通い始めた学校ですが、本当に
たくさんのことを学んで、素敵な先生、同級生に会えて
良かったなぁと思います。とても良い「ご縁」でした。

3月からはコースⅡに進みます。

このペースでがんばっていこう。
本日は朝、夕ご飯の下準備をしていたので、仕事
帰りにちょっと寄り道をしてきました。とっても寒い
一日でしたが、渋谷・東急のキッチン売場へ。

フードプロフェッサーの購入を考えているのですが
(今日は検討のみでもう少し見比べてみることに)、
前々から買いたいと思っていたキッチン商品を順番に
見て行きました。

オシャレなキッチン用品専門店も、ネット通販も良い
ものに出会えることはあるのですが、やはりデパートの
「手に取れる」品ぞろえの充実ぶりは、とてもありがたいです。

そして、前々から「良いものと出会えたら買おう」
と決めていたすり鉢とすりこ木で、これ!と思えるものに
出会えました。

いのちのスープで知られる辰巳芳子さんも推薦の
商品で、大分県日田市の小鹿田焼の陶器です。

小鹿田焼は小さい頃から親しんできた焼き物で、焼き窯を
訪ねる楽しい旅行に参加したこともあります。東京のデパートで
そのなつかしい絵柄のすり鉢に出会えるとは感激でした。
愛郷心も重なり、こちらを買って帰ることにしました。

ごますり

マクロビ料理ではゴマもよく使いますし、カボチャや
ひまわりの種を粉にしてドレッシングに使ったりも
します。ゴマすり、すりこ木、これからマクロビ料理に
活用していこうと思います。とっても楽しみです☆彡
きょうは、初めて「大福」づくりをしました。
マクロビレシピで、砂糖や牛乳は使わずに、米飴、
メイプルシロップ、豆乳などで代替しています。

   大福2

生地は、穀物コーヒーと白玉粉と玄米粉で
つくり、餡はサツマイモベース。蒸し器で蒸した
生地が熱くて包んでいくときは少し大変でしたが、
かわいく&おいしくできあがりました。

パイ

同じくマクロビレシピで、アプリコットタルト、
クッキー、チュロスも完成。マクロビ料理同様、
マクロビスイーツづくりもとても楽しんでいます。
スイーツ2
マクロビ生活やヨガを定期的にしているので、心身健康の
つもりでいましたが、首が回りづらくなり、整体に行ったところ、
背骨にゆがみがあることが判明しました。

(最近はあまりないのですが)長年、仕事で無理をしていた
蓄積と、オフィスのパソコンを少し斜め向きに置いていた
ことによる姿勢なども原因のようです。これから長期的に
通って、体を治していくことになりました。

本日は2日目の通院。紹介で診ていただけるようになった
整体の先生は、腕の良さから非常に人気でご多忙。前回は
ゆっくりお話できなかったのですが、今回はちょうど
お昼休み前に終わったので、少しお話させていただく機会が
持てました。

先生から「仕事のキャリアは、積み重ねることで次に生か
せるが、病気のキャリアは次に生かせない。(だからこそ)
常によい体調で、仕事や生活ができるように自分の体への
投資も大切」というお話を伺いました。

これまでは身体の不調が起きるまでは病院も整体も
行きませんでしたが、これからは「体のメンテナンス」
や「予防医学」も意識していこうと思います。
表参道のナチュラルハウスで、新しいメイプルシロップを
購入しました。マクロビ生活をはじめて、砂糖の代替で、
メイプルシロップやてんさい糖を頻繁に使うようになりました。

今回、購入したのはカナダ・ケベック産。これまでいろいろな
種類のメイプルシロップを試していますが、こちらは初めてです。

      メイプル2

おなじメイプルシロップでも、原産地や製造元によって
微妙に味が違うので、今回はどんな味なんだろうと
楽しみです。

◇ ◇ ◇
ナチュラルハウス・青山店
住所:東京都港区北青山3-6-18
電話:03-3498-2277
前々から気になっていたお料理の本を2冊、購入しました。

新しい本

一冊は、つづらえつこさんの「マクロビオティックの
和菓子」。家庭でつくれる、マクロビの(牛乳、卵
など動物性食品を使わない)どらやき、さくらもち、
おしるこなどが紹介されています。

もう一冊は、北海道にあるお豆屋さんが出版した
「べにや長谷川商店の豆料理」。マクロビ生活を
はじめてお肉、魚の摂取を控えているので、積極的に
豆を食べてタンパク質をとっていこうと思います。
豆料理は時間がかかりますが、できあがったときは
本当にうれしいものです。

2冊の本も加わり、キッチンでも楽しい「春」が迎え
られそうです。
「なかなか素敵ですよ」とお勧めいただいていた
表参道の懐石料理・雅灯のランチに行く機会に恵まれました。

本日いただいたのは、御弁当『雅』。お弁当のふたを開けると
こんなきれいなお料理が並んでいて、「わー」と思わず声が
でていまいました。

まだまだ勉強中ですが、最近、料理のデコレーションにも
関心を持っているので、一品一品、「どうやってカット
しているのかな」「どんな盛り付けだろう」とよくよく
見せていただきながらいただきました。

和食

海外のエスニック料理も文化も大好きですが、母国で
ある日本の伝統的なお料理や文化への感動はひときわです。
こんなお料理がいつかつくれるようになりたいです。
料理熱がまたまたアップ↑しました。

◇ ◇ ◇
懐石料理・雅灯
住所:〒150-0001 京都渋谷区神宮前5-51-6 テラアシオス南青山B1
電話:03-3406-0990
昨年7月からスタートしたマクロビ生活も
半年を過ぎ、本日から、Advance クラスが
始まりました。

この半年間で心身とても健康になり、「食」と
「健康」のつながりの強さを感じる毎日です。
Advanceでは食と健康や病気の関係をさらに深めて
勉強していくので、とても楽しみです。春までの
3か月、しっかり勉強していこうと思います。

本日の調理は、梅風味の玄米チャーハン、餃子
スープ、五目豆、ひじきのピーナッツサラダ、
かぼちゃのマフィンでした。
Advanced.jpg
約1週間家を留守にしたので、本日はお洗濯やお掃除など
家事に徹しました。その合間をぬってマクロビ料理もし、
デザートにはリンゴフィリングをつくってみました。

りんご

リンゴをメープルシロップ、シナモンパウダー、
レーズンと一緒に煮たもので、ジャム代わりや
ちょっと甘いものが食べたいときのおやつとしても
いただけます。リンゴの大量カット以外は、手軽に
できて、活用方法も幅広いので、お勧めのマクロビ
スイーツの一品です。

「ハワイが大好き」という方が周囲にもたくさんいますが、
今回の旅行で、その理由がよくわかったように思います。

リゾート地としてのホテルや観光サービスの充実だけ
ではなく、海も山も樹木も自然が身近にたくさんあり、
なんだかそこにいるだけで気持ち良いのです。

街中にはこんな大きな木がたくさん植わっており、
city.jpg

tree.jpg

海がとても近く、
diamond sea

レインボー模様のバスが走り、
basu.jpg

歩道には、ちょっとしたハワイ語紹介も。
city1.jpg

暑い日中にはこんなかわいいかき氷(シェイブアイス)
が楽しめ、
     city2.jpg

夕暮れ時には海辺でハワイアンの生演奏を聴きながら
フラダンスを見られ、
city3.jpg

city4.jpg

耳をすますと、あちこちで演奏されているウクレレの
音も聞こえてきます。

私もハワイが大好きになりました。また機会を見つけて
ぜひ来ようと思います。
本日は、美術館やハワイ王朝の宮殿などの歴史散策で
一日を過ごしました。

ホノルル美術館には、ゴーギャンやゴッホやモネなど
西洋の画家に作品に加え、日本の縄文式土器や中国・
韓国の陶器、仏像など、「西洋」「東洋」と両方の
展示が非常に充実していました。
art1.jpg

ハワイの方の麦わら帽子、その編む技術の紹介などもあり、
ほのぼのした気持ちになりました。
  art3.jpg

art4.jpg

敷地内もきれいに整備されており、色鮮やかな
ブーゲンビリアを見つけました。あまりにきれいなので
ここで立ち止まってしまいました。
art2.jpg
本日は、ワイキキからとローリーバスで約30分
くらいの「Diamond Head State Mountain (ダイアモンド・
ヘッド)」とハワイ大学の見学へ行ってきました。

約250~400年前の火山の噴火で形成されたと
言われるダイアモンド・ヘッドは、山頂から見ると
本当にダイアの形をしています。

diamond4.jpg

登山口から約30分ほど山を登り、少し汗ばむほど
でしたが、こんなきれいな景色も見られて、登って
よかった!です。
diamond.jpg

午後からは,ハワイ大学へ。キャンパス内をバスで
移動する学生もいるほど広大なキャンパスで、
ここでも生い茂る大きな木に驚きました。

Hawai Uni

    Hwai Uni tree

西洋と東洋の中間地点として、両方の研究をする
イースト・ウエストセンターも見学させていただき
ました。これからいろいろな経験を積んで、いつか
ここで東西の平和について研究できる機会があると
良いなぁと夢を描いています。
East West
せっかくハワイまで来たので、パールハーバーと
その歴史をまとめたアリゾナ記念館に行ってきました。
日本人としては、心が痛む歴史ですが、この現場に立つ
ことで感じることも多くあり、米国でどうこの歴史が
刻まれているかを目にする貴重な機会にもなりました。

ホノルルからローカルバスで約1時間強でパール
ハーバーに到着しました。入場料はなく、希望者は
ドネーション(寄付)をするようになっています。
pearl.jpg

パールハーバーを望む海岸には、1941年12月7日に日本軍が
どのような攻撃をしかけてきたのか、複数枚のパネルに詳細に
記録されています。また、メモリアルセンターでは、日本軍の
攻撃の前日である1941年12月6日にルーズベルト大統領が、
日本に対して友好を呼び掛けて送った手紙の全文も展示されて
いました。

Pearl Seacost

pearl Japan

シアターで、ドキュメンタリーフィルムを見た後、船に
乗って、アリゾナ記念館へ。日本軍の攻撃で1100人以上の
船員を乗せたまま沈んだ米国の戦艦「アリゾナ」の船体を
またぐようにの上に建設されており、船からは今もその
残骸を目にすることができます。

pearl4.jpg

pearl3_20120113232936.jpg

pearl_20120114121457.jpg

「広島」「長崎」「沖縄」など日本の資料館だけでなく、
パールハーバーでの第2次世界大戦の現場、資料館を訪れ
たことは、とても大きな機会となりました。
ハワイをモチーフにした2012年手帖を購入したことで、
思い立ち、長年、行ってみたいと思っていたハワイに
ついにやってきました。少し遅めの冬休みですが、
常夏の島なので、こちらに来ると「夏休み」のように
なりました。

hawaii2.jpg

常夏で日差しも強く、雨も適宜ふるため、木や花の
生育も非常に良いようです。びっくりするような大きな
木が街のあちこちで目にします。こちらは、ウエスティン
ホテルのビーチレストランの樹木で、200歳近くの木
だそうです。

hawaii1.jpg

本当はこちらでもマクロビ&オーガニック生活を
してみたかったのですが、事前リサーチが十分できておらず、
今回は「プチマクロビ」でローカルなお食事や飲み物も
いろいろ楽しんでみようと思います。

hawaii3.jpg
ハマヒルガオ

作家・新田次郎さんが宮崎の自然と
自然破壊への警鐘の思いを込めて執筆
された「日向灘」。その舞台となった宮崎市
の一ツ場海岸を以前、訪れた際に、見つけた
ハマヒルガオのの花の写真は私の宝物の
一つです。

新田さんが一ツ葉海岸を訪れたのは
大阪万博の開催された1970年。その後、
一ツ場海岸では松林を切り開いての有料道路、
大型リゾート施設・シーガイアの建設が進み
ました。

「日向灘」の冒頭で描かれた

彼は松林から浜に出たとき明るさに狼狽した。
白い砂浜から反射して来る光線がまぶしくて
しばらくは動けなかった。


というような、まぶしいほどの自然の美しさは、
私が訪れたときには既にそこにはなかった
のですが、「日向灘」の主人公の2人が愛した
ハマヒルガオの花が一輪だけ咲いていました。

この小さな一輪と、その花の背景として目に映る
巨大なシーガイアを見ながら、人工プロジェクト
に負けない、自然の強さと美しさを感じたことを
今も覚えています。
マクロビオティックでは、電磁波を使う「電子レンジ」の
利用を控えるように推奨しています。講義初日にも「電子
レンジの利用は今すぐやめ、包んで、嫌いな人にあげて
しまいましょう」という冗談も交えた話が出てきました。

私にとって長年、電子レンジはまな板や包丁と同じくらい、
食生活の必需品でしたが、マクロビの勉強で電磁波の影響を
知っていくうちに、自然と使用を控えるようになりました。

最近は、コンセントから抜いて、別の場所に保管していた
のですが、本日、ついに「電子レンジ」を卒業することに
しました。

思い出のたくさんつまったレンジを手放すのは寂しくもあり
ますが、我が家には新しいデロンギのオーブンも到着しましたし、
最近は蒸し器で温める習慣がついてきましたので、次の一歩を
踏み出すことにしました。

電子レンジのような手軽さ、便利さはありませんが、必要な
ものは、ガス台の火を使って、蒸し器でじっくり、ゆっくり、
温めていこうと思います。

これからの人生で出あう人や物にも手軽さや便利さを求める
のではなく、時間がかかっても信頼のもとでじっくり、ゆっくり
向き合っていきたいです。
お正月をせっかく東京で過ごすので、第88回箱根駅伝
応援に行ってきました。毎年テレビでは見ていますが、
レースを直接見に行くのは初めてです。

大手町のゴールまであと少しという距離で応援したので、
選手たちのラストスパートが見られ、息遣いも伝わって
くるようでした。沿道での一体となっての応援も楽しかったです。

駅伝
 
母校も出場していましたが、今年は母校と東洋大と両方を
応援しました。でも、気がつくと、どの大学ということ
なく、全チームの選手を応援していました。

選手一人ひとりにドラマがあり、「ライバル」と「自分」
との闘いがあり、家族や仲間への/からの思いがある。
各選手の走りからはそんなものが伝わってくるようでした。

そして、こういう大きなスポーツ大会がある度に、選手たち
の口から出てくる「言葉」というのも楽しみです。前もって
つくられたものではなく、お腹の奥底から発せられる
心からの言葉。シンプルで、飾り気がなくても、そんな正直な
言葉に毎回ながら感動します。

明日の朝刊の「顔」覧には柏原竜二選手が登場でしょうか。
どんな言葉が並んでいるのか、楽しみです。
上野動物園にやってきたパンダを見に行って
きました。2匹のパンダを交代で公開している
ようで、本日、会えたのはリーリーさんの方でした。

Panda.jpg

久しぶりの上野動物園でしたが、パンダと一緒に
三大珍獣と言われる「オカピ」「コビトカバ」まで
いたのでびっくりしました。なんという充実ぶり!

そして、個人的に好きなのはゾウガメです。
100年以上生きる個体も多いゾウガメを見て
いると、なんとなく「人生の先輩」という
気持ちがわいてきます。

大きくてあまり動くことはもなく、もちろ
言葉を発することもないゾウガメですが、
そんな姿から、何か人生哲学を学んでいるような
気持ちになるのです。

ぞうがめ

今年もよろしくお願いします。
今年は少しだけ自分でもおせち料理をつくりました。
本当は、マクロビおせち教室に行って、マクロビ
レシピで作りたかったのですが、年末は忙しくて
その時間が持てず、今年は通常のおせちです。

とってもシンプルですが、やはりおせちを食べると
お正月を迎えた気持ちになります。

おせち

温かくなってきた、午後からは初詣へ。近くのお寺と
根津神社に行ってきました。沖縄の紅型(びんがた)
着物
を着ている方がいらっしゃり、とてもきれいでした。
大好きな沖縄の伝統的な着物を東京でも目にできる
とは、年始早々嬉しい気持ちになりました。

根津神社の近くには、お煎餅屋さんやタイ焼き屋さん
など昔ながらのお店がいろいろあり、ほのぼのした
気持ちになります。金太朗飴屋さんに寄って、お年賀
の飴を買って帰りました。

金太朗飴2


金太朗飴

 | BLOG TOP |