プロフィール

メイプル

Author:メイプル
森山直太朗さんの歌と曲、パンづくりと下町と大きな木の傍と海辺が好き。活動的だが「のんびり」した性格。


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


最新記事


リンク


銀座の有機野菜をふんだんに使ったレストラン
日水土(ひみずつち)でディナー。同郷の友人が
前から気になっていたそううで、連れて行ってもらいました。

銀座3

こちらは契約農家からの有機野菜をふんだんに使って
調理をされており、食材にこだわっているだけあってか
野菜のおいしさが直に伝わってきました。

銀座2

昔は野菜よりお肉が好きでしたが、いまはすっかり
野菜の方が大好きで、毎日たくさん野菜を食べたい身と
しては素晴らしいお店でした。

銀座

私がマクロビ生活をしていることを周囲もよく理解
してくれて、最近は野菜のお店を中心に誘ってもらう
機会が増えてきてありがたいです。こういうお店に
いくと決まってマクロビや食事の話もできるので、
それもうれしいです。

◇ ◇ ◇
日水土(ひみずつち)
住所:東京都中央区銀座1-21-13 ナチュラル&ハーモニック 銀座 2F
電話:03-3562-7720
最近マクロビ料理ばかりつくっているので、
「少し視野を広げてみよう」と大使館シェフ
の方主催のお料理教室に参加。お魚も使った
ちょっとしたおもてなし料理を教わりました。

大使館料理

サバのアーティチョークと野菜&ハーブの
詰め物、にんじんサラダ、ポテトとアンチョビの
オーブン焼きなどなど、おいしくきれいなお料理が
できあがりました。

これから暑くなるけれど、オーブン料理は
味も深まりおいしいのでちょこちょこ自宅でも
挑戦してみよう。

welcome drink
フルーツが入ったウェルカムドリンク

cake.jpg
デザートのティラミス。こちらもおいしく完成
大使館料理教室で、アンティチョークを原型から
湯がいてとりだすまでも教わりました。

アンティチョークは外食では口にすることがあり
ましたが、日本の市場でも手可能だそうです。
味の決め手の一つにはなるので、うまく料理に
生かせるようになりたいものです。

最初はお花のようになっていますが、この周囲のとげとげ
した部分をとっていく必要があります。先はとがっており
サボテンのように触ると痛いです。

Artichoke.jpg

中の実を取りだすと、お湯でぐつぐつ。
Artichoke3.jpg

Artichoke2.jpg

柔らかくなってきたら、こちらを適宜カットして
使っていきます。大変でしたが、自分たちで取り出した
アンティチョークはとってもかわいいものです。

Artichoke4.jpg
きょうは楽しみに待っていた直太朗さんライブ。
今回のツアー参加は4度目で、なんとなく流れも
わかってきましたが、何度行っても毎回新鮮な感激が
あるのが直太朗さんの魅力です。

普通に歌うだけでも、すごく上手で素晴らしいのに、
毎回のごとく、天然トークと、踊ってはねて、ステージ
いっぱい動き回る直太朗さんでした。

中野の会場に着いた時にはまだ雨風はひどくなかった
のですが、出る頃には恐ろしい防風雨に。傘がひっくり
帰って壊れるなどトラブルはあったものの、楽しい
ライブにいけてよかった、と大満足の一日でした。

前々から気になっていたツアーパンフレット、ついに
購入しました。直太朗さんのこれまでのシングル、
アルバム、それぞれに込めた思いを御徒町さんと
回顧談されていて、とっても温かくなる1冊でした。

いくつもの

7月の追加公演が最後の参加となりますが、もう1回、
楽しんでこようと思います。ワクワク。
マクロビ生活をはじめて、より自然に近づいた生活を
心がけるように。電子レンジは半年前に卒業しましたが、
電子ジャーもこれから極力控えて、圧力鍋+おひつで
生活してみることにします。電磁波はやはり体には
よくないようです。

おひつ

週末を利用して、秋田に曲げわっぱを買いに行って
きました。秋田杉を切ったものをつなぎあわせるのでは
なく、1本を曲げて、作り上げた一品。職人さんが一つ
ひとつ丁寧につくられているのが伝わってきました。

このおひつを大切に使い、一食一食も大切につくって
いこうと思います。
渋谷に新しくオープンしたHikarieには、マクロビ系の
お店がちょこちょこ入っており、マクロビ生活が便利に&
楽しくなる場所でもあるようです。

地下には、マクロビとハワイ料理をフュージョンした
お惣菜屋さんがあり、きょうはそこのランチボックスを
買ってみました。どちらも大好きなものなので、お店を
見ているとワクワクした気持ちになります。

お弁当はいろ鮮やかで、しかもマクロビ仕様(玄米&
野菜中心、お肉と魚はなし)で、なかなかおしいかったです。

Hawaiian macrobiotic lunch box

食事は極力つくるように心がけていますが、こういう
お店が近くにあると、忙しい日などは安心して頼りに
できるので心強いです。
4月にオープンした渋谷・Hiakarie にはいっている
Picoloのシュークリーム。オープン当初は長蛇の列だった
そうですが、最近は落ち着いてきたので、お土産に
買って帰りました。

Hikarieのシュークリーム

マクロビ仕様ではない(乳製品を使っている)けれど、
たまには・・・とおいしくいただきました。
つづらえつこさんの和菓子本を見ながら、
マクロビ仕様で水ようかんをつくってみました。

水ようかんlongsmall

本当はこし餡にしてから、寒天粉などと煮詰めるの
ですが、少し手抜きをしてしまい、粒あんのままで
つくってしまいました。ちょっとデコボコ感がありますが、
いつものようにマクロビスイーツならではの優しい味に
完成しました。

水ようかんsmall
白山神社の紫陽花祭りにいってきました。
小さな神社ですが、いろいろな色、種類の
紫陽花がきれいに咲いていて、6月という
季節を楽しむ機会となりました。

アジサイ

白山神社の周りにはおしゃれなカフェやイタリアン
などもたくさんあり、素敵な街だなぁと再発見しました。

アジサイ2

きょうは夕方から雨模様だったので、どこにも寄らず
帰宅しましたが、またお天気の日に遊びに行ってみよう
と思います。最近、すっかり下町好きになっています。
北朝鮮から帰国されたKさんに「冷麺づくり」を
教えていただきました。現在、70歳になられるKさんは
10代で北に渡られ、60代で命をかけて日本に帰国された方。
ベテラン主婦で、北朝鮮で食堂を切り盛りされていたことも
あるそうで、とても馴れた手つきで、料理のこつなども
丁寧に優しく教えてくださいました。

冷麺

だし汁に加えて、唐辛子、ネギ、ごま油でつくる薬味と
きゅうりの絞り汁が風味を引き出たせてくれます。

食料事情の悪い北で長年生活されてきたKさんは「絶対に
食品を無駄にはしたくない」と、絞り汁をとったキュウリ
も酢といりごまで、再登場させてくれました。日本の食品
破棄の現場を見ると、「北ではキュウリの皮すら食べられず
飢え死ぬ人もいるのに、それを北に持っていければどれだけ
の人が助かるかと考えるだけで涙がでそうになる」とお話
されていたのが心に残りました。

本日は冷麺、キュウリのお漬物に加えて、ナスのナムル
(和え物)、オイキムチ(キュウリの朝鮮風キムチ)の
作り方も教わりました。

朝鮮料理のレパートリーもどんどん増えていき、楽しく
なってきました。
池袋のサンシャインシティで開かれていた沖縄物産展で、
かわいいシーサー焼きを見つけました。

シーサー

マクロビ仕様ではないので、買おうかどうしようか
迷っていたら、お店の方が「はい」と丸丸一つ
シーサー焼きを試食に手渡してくれました。

気前の良さと、何も営業トークはなく、無口だけれど
職人気質を感じるお店のおじさんの姿に惚れ惚れして、
買って帰ることにしました。

かわいさに加えて、味も美味しく☆彡買ってよかった。
本日はイタリア料理シェフの方に、ヴィーガン仕様の
イタリア料理を教えてもらいました。チーズや乳製品
なしでも、こんなに素敵なイタリア料理がつくれると
いうことが分かり、料理の楽しみアップ↑。来週末には
自宅でも実践してみようと思います。

本日の調理は、

グルテンと夏野菜のトマト煮、クスクス添え
SN3S1186.jpg

パニッサとそら豆のフリット
SN3S1179.jpg

緑野菜のパスタ、ジェノヴェーゼソース
SN3S1181.jpg

きのこのクリームペンネ
SN3S1180.jpg

ココナッツミルクコッタ パイナップルのソース
SN3S1183.jpg

どれもおいしく出来上がりました☆彡

 | BLOG TOP |