プロフィール

メイプル

Author:メイプル
森山直太朗さんの歌と曲、パンづくりと下町と大きな木の傍と海辺が好き。活動的だが「のんびり」した性格。


カテゴリ


月別アーカイブ


検索フォーム


最新記事


リンク


今週は表参道で、直太朗さんと高田蓮さんの
Acoustic Ensembleが開催されました。

PAP_0475.jpg

前半はトークショーで、後半が演奏という
仕切り。レストランのような会場で開催されたので、
客席合間を通って直太朗さんたちがステージに
上がられたので、30センチくらいの距離で見ることが
できました☆直太朗さんのえくぼまで見られて、
うれしかったです。

トークは自由形式だったので、直太朗さんが
ギターを買うために岐阜まで1人旅された話や
ローリング・ストーンズのライブの話など、
個人的なエピソードがたくさん聞けました。
ソチ五輪の金メダリスト羽生結弦選手のものまね
などもされていました…。

高田蓮さんもとても優しそうなお人柄が伝わって
きて、素敵な方でした。直太朗さんご自身もそうですが、
周りにいらっしゃる方も、飾らない、優しいお人柄の方が
多いように感じます。そんなこともあり、長年ファンを
続けられています。

演奏は持ち歌ではなく、なんとThe Beatlesの
『Blackbird』
、ハナレグミの『家族の風景』
直太朗さんが土岐麻子に楽曲提供した『鎌倉』
Neil Young の『Buffalo Springfield Again』などを
聴かせていただきました。

最後は、直太朗さんの『どこもかしこも駐車場』
『さくら』で締めとなりました。なかなか持ち歌
以外の曲を聴ける機会はないので非常に貴重な
ライブでした。

コンサートツアー以外にもこんなアットホームな
ライブをまた開いていただきたいなぁ。
幸せ感一杯で会場を後にしました。

PAP_0472.jpg
直太朗さんギターと楽譜。
今年も、東京ドームで開催されている世界らん展を見に行ってきました。
野球観戦のときとは全く異なるドームの中の花一色の雰囲気を楽しみながら
きれいなお花をたくさん見ることができました。
     PAP_0433.jpg

2013年の日本大賞はこちら。薄い繊細な紫がとても
きれいでした。
     PAP_0436.jpg 

そして、沖縄から出展のらんもとても素敵でした。沖縄の人や
土地の「温かさ&暖かさ」を思い出すようなお花=下記=でした。

   PAP_0431.jpg

春からは少し忙しくなりそうですが、沖縄に行ける機会があれば
いいなぁとお花を見ながら、ふつふつと思いが湧いてきました。

憧れ

新年の朝日新聞で、『那覇の市場で古本屋 ひょっこり始めた
〈ウララ〉の日々』の著者・宇田智子さんが紹介されている記事を
読んで以来、ずっと心に残っていた本を購入しました。

   PAP_0340.jpg

宇田さんは神奈川県ご出身。東京大学卒業後、大手書店・
ジュンク堂書店に入社され、日本一大きな店舗・池袋店に
配属されます。

隣のブースでの企画展もわからないほどの「忙しさ」
に疑問を感じ、ご本人曰く「逃げるように」沖縄店への
転勤を希望されます。そこで出会った、地に根を張って、
ゆっくりと生きていく沖縄の方々の生活に魅せられ、
ジュンク堂を退職し、2011年秋に沖縄で古本屋を
始められます。広さは3畳ほど。

「収入は7割程度になったけれど、なんとか生活して
いける」日々とのことです。店を留守にするときには隣の
お漬物屋さんが店を見ておいてくれる、そんな温かい
人間関係の中、ご商売をされています。最近は「小さい
なりに幸せな社会」を実感し、考えられているそうです。

宇田さんの自分の気持ちに正直に、そして時間や人を
大切に重点を置こうとする生き方に強く共感し、彼女の
言葉、考え方にすがすがしさを覚えました。

私も自分の気持ちやペースを大切にし、いつかふんぎる
タイミング来たときに飛び立てるように、日々ベストを
尽くしたいと思います。

この本は、今年の自分にとってバイブル(憧れ)のような
1冊になりそうです。
今晩は久しぶりに、高田馬場のミャンマー料理店へ。
高田馬場は「リトルヤンゴン」と言われるほど、ミャンマー
料理やミャンマー食材店がたくさんあります。
きょうは老舗「ルビー」に行きました。

     ルビー

ルビーの店長・チョウチョウソーさんは1991年に
庇護を求めて来日され、難民認定を受けている方です。
土井敏邦監督のドキュメンタリー映画『異国に生きる』でも
紹介されています。。

ミャンマー料理と言えば、お茶の葉サラダ。
PAP_0381.jpg

そして、ひよこ豆の唐揚げなど、いろいろ美味しく
いただきました。途中で写真を撮るのを忘れて
しまいましたが、少し多すぎるくらいオーダー
したお料理すべて美味しくいただいてきました。

PAP_0382.jpg

もう少し暖かくなってきたら、ミャンマービールと
ミャンマー料理をまた楽しみに行きたいと思います。

陰と陽

マクロビの学校を修了してから約2年経ち、ベジタリアン料理は続けて
いるものの、マクロビのこだわりを持った調理、お食事がなんとなく、
なぁなぁになってきたので、このタイミングで勉強し直すことにしました。

昨日は陰陽五行の座学に参加しました。
マクロビでは、動物性食品を制限するだけではなく、
食品、調理方法などを「陰性」「中庸」「陽性」と
分類して、その食べ方などでバランスをとっていきます。

基本、中庸のもの(例えば、玄米、かぼちゃ、ごぼう、りんごなど)
が推奨され、「陽性」(例えば鶏卵、アジ、イワシ、朝鮮人参
など)、「陰性」(例えば、ホウレンソウ、アボカド、ココナッツオイル、
牛乳など)の摂取は制限するように勧められています。
お野菜だから、動物性食品でないからOKという訳ではありません。

「動物性食品」「植物性食品」などで単純に食べるものを区別
できないので、ちょっとややこしいのですが、このバランスが取れると
本当に体の調子が良くなり、効果てきめんです。

本日の座学では、陰性や陽性は食事だけではなく、人間関係、
1日や季節の移り変わり、現象すべてにあるということも教わりました。
「陰性の方の顔」「陽性の方の顔」があることは知っていましたが、
人間関係にまであるとは知りませんでした。

そんなこんなも含め、
今年はマクロビともじっくり向かい合う1年にしよう。
本日は、2013年秋から続いた直太朗さんのコンサートツアー
自由の限界」の千秋楽。NHKホールで開催されました。

2010年にこのNHKホールで初めて、直太朗さんのコンサート
「真白な鳩を九十九羽飼っていて」に参加して以来、すっかり
本格的なファンになりましたが、3年余経て、また原点に
戻ってきたような感じです。

直太朗さんライブは毎回楽しいですが、東京でのライブは
(東京ご出身の直太朗さんの)ホーム感があって、+@で
楽しさが増すように感じます。

千秋楽ということで、いつも歌われるアンコール2曲に加えて、
本日は新曲の「ちいさなボストンバック」、昨年の劇場公演の際に
つくられた「ひとりぼっちじゃない」も歌われました。

この「ひとりぼっちじゃない」は、俳優の六角精児さんが
NHKの仕事ハッケン伝という番組で、音楽ショップの店員になり、
直太朗さんのライブを企画された際にも「ぜひに」と歌うことを
希望された曲です。

「人は誰でもひとりぼっちで、でも、ひとりぼっちと
ひとりぼっちの集まりだから、ひとりぼっちじゃない」
というようなことを本日、直太朗さんが話されていました。


君のひとりぼっちと
僕のひとりぼっちで
ひとりぼっちじゃない
ひとりぼっちじゃない

空のひとりぼっちと
海のひとりぼっちで
ひとりぼっちじゃない
ひとりぼっちじゃない

味噌のひとりぼっちと 
汁のひとりぼっちで
ひとりぼっちじゃない 
ひとりぼっちじゃない


直太朗さんと、御徒町凧さんらしい曲で、
とても素敵です。

そして、「明日からも楽しい毎日を過ごそう!
目の前のことをがんばっていこう」というような
トークも心に残りました。

今回もとてもとても楽しいコンサートツアーでした。
少し休憩をされて(といってもさ来週はアコースティック
ライブにご出演されますが…)、2014年もまたまた楽しい
直太朗さんライブ、企画がうまれるのをファンの一人として、
楽しみに待ちたいと思います。

※excite musicのライブレポートはこちら
本日は大雪で外出できなかったので、久しぶりに
風の谷のナウシカのDVDを見ました。ジブリ映画は、
ととろも、ぽにょも、もののけひめも、風立ちぬも
すべて大好きですが、やはりナウシカが一番心に
響きます。

ナウシカ

ナウシカも、風の谷の住民たちも環境破壊や人間中心の
考え方や生き方と闘い続けています。

この映画のように最後にHappy Endで終われる地球で
あることを願い、身近にできることを小さなことから
していこう、観るたびに気持ち新たになります。

大雪

本日の東京は大雪。外出もままならないので、
家のことをいろいろとしながら、雪がきれいだなぁと
外を眺めています。
   SN3S0215.jpg

そしてずいぶんたってから、ベランダのお花やハーブを室内に
入れ忘れたことに気が付きました。すでにかなり積っているので
救出に行けそうになく、なんとか持ちこたえてもらいたいと
願っています。ごめんね。
   SN3S0207.jpg
老舗のベジタリアン中華・中一素食店にいってきました!
前々からいってみたかったのですが、場所が東京の国立市と少し
遠かったので、なかなかチャンスがなかったのですが、
ついに足を運びました。

前の仕事の大先輩で、現在も同じ分野に関心を持ち
仕事をされている方と3年ぶりの再会が、私の希望でここに
なったのですが、「ビーガン」という名前を初めて聞いたと
いうその方も大満足してくださいました。よかったです。

ベジタリアンやビーガンといういうと、野菜サラダばかり
食べていると誤解を持たれがちですが、大豆ミートや厚揚げや
お豆腐などもうまく使いながら、普通の中華とかわらないような
おいしいお食事ができます。

例えば、こちらは大豆ミートをつかったホイコーロ
PAP_0140.jpg

マーボー豆腐
PAP_0142.jpg

野菜餃子
PAP_0141.jpg

坦々麺
PAP_0139.jpg

焼きそば
PAP_0137.jpg

チャーハン
PAP_0136.jpg

普通食をしている方にも、ベジタリアン食も「実はおいしい」と
知っていただき、興味を持っていただけるというのは本当にうれしいです。

◇ ◇ ◇
中一素食店
住所:〒186-0004 東京都国立市中1丁目19−8
電話:042-577-3446
マクロビ生活をはじめてから、お肉や魚介類をほとんど
買わなくなりましたが、その分、野菜をはじめ食材の質に
ずいぶんこだわるようになりました。

同じ野菜でも、しっかりした土のよい環境で、化学肥料などを
使わずにできたものは、ほんとうにおいしく、ときどき「あの
大根おいしかったなぁ」と思い出してしまうほどです。

中学時代の恩師がそんなこだわりの畑をされており、
ときどき、お野菜をわけていただきます。きょうは、特別に
恩師のご自宅で朝市を開催いただき、行ってきました。

びっくりするくらい元気でおいしい白菜や
   PAP_0179.jpg

カリフラワーや
   PAP_0181_20140208173059b40.jpg

丸々として中(栄養)がぎっしりつまった大根や
PAP_0186_201402081725299b2.jpg

おなじく中のぎっしり詰まったニンジン。
PAP_0189.jpg

どれも魅力的で、ダンボールいっぱい購入させていただきました。
これだけの素晴らしいお野菜をつくる大変さが十分わかるので
いつも申し訳ないくらい低価格でわけてくださる、恩師には本当に
心から感謝しています。

野菜だけでなく、健康をいただいているように感じます。

そして、毎回、遊びにいくと準備してくださっている
焼きイモ。こちらもとってもおいしくて、温かくて、
恩師の優しさが伝わってくるような気がします。
PAP_0188_201402081725298d2.jpg

「おふくろの味」ではありませんが、この焼きイモは、
私にとって忘れられない「恩師の味」となりそうです。
本当にいつもいつもありがとうございます。
SN3S0106.jpg
文京区の東京大学近くにある堀江米店がだされている
米粉のシフォンケーキ、おはぎ、あんこ…。とっても
おいしくて頻繁に買いにいっています。普段は乳製品は
摂取しませんが、ここのシフォンケーキだけはあまりに
おいしいので「特別に」食べることにしています。

シフォンケーキは、普段はカットされたこのような
形で販売され、プレーン~チョコ~かぼちゃ~アールグレー…
と何種類も味があります。

PAP_0002_2014020816583797a.jpg

そして、きょうはついに大人買いで、お土産用に1ホール買いました。

SN3S0089.jpg

◇ ◇ ◇
堀江米店
住所:〒113-0023 東京都文京区 向丘2丁目12−2
電話:03-3821-3500

 | BLOG TOP |